Some people have a tendency to use the term ‘automated reporting’ interchangeably with ‘business intelligence’ – which isn’t only confusing, but it’s wrong. Automated reports and BI actually play very different roles: reporting shows you your KPIs, while business intelligence reveals insights. The trouble with tools that automate reports in isolation is that they limit you to just that: reporting. While you get the initial answers fast, it’s tricky and complicated to move on to discover why – which is where the real business value comes. See all the differences between the two terms and learn why so many people are choosing business intelligence to get the answers they need.

[原文より翻訳]

「自動レポート」という用語を「ビジネスインテリジェンス」と同義に使用する傾向がある人もいますが、これは混乱を招くだけではありませんが、間違っています。 自動レポートとBIは実際には非常に異なる役割を果たします。レポートではKPIがわかりますが、ビジネスインテリジェンスでは洞察が明らかになります。 単独でレポートを自動化するツールの問題点は、それだけでレポート作成が制限されることです。 最初の答えをすばやく見つけることができますが、その理由を見つけるために進むのは巧妙で複雑です – それが本当のビジネス価値がもたらされる場所です。 2つの用語の違いをすべて見て、必要な答えを得るために非常に多くの人々がビジネスインテリジェンスを選択している理由を学びます。

資料1頁目の抜粋

 

以下フォームにご登録いただけますと資料をダウンロードできます。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう