※ダウンロードはページ下部入力フォームからできます。

●資料概要
昨今“ビッグデータ“という言葉はいたるところで使用され、また多くの企業がビッグデータ活用に取り込んでいます。しかし、実際にビッグデータを分析し、実務レベルで活用できている企業はまだまだ少ないのが現状です。それはこれまでの第二世代と言われているインメモリ型BIソリューション(TableauやQlik等)では数千万件のデータを処理するのが限界で、億に達するビッグデータを分析できるような性能を発揮できなかったためというのも理由の一つです。

本資料では、10億件以上のビッグデータを高いパフォーマンスで処理することができる次世代型BIソリューション「Sisense」の性能と特徴を解説します。
また、ビッグデータ活用の先駆者として多くの事例を実践し、その経験とノウハウを武器に現在も多くの企業のビッグデータ活用を支援しているINSIGHT LABが提供するサポートについてもご紹介します。

●対象業種
全業種

●対応するニーズ・課題
社内外に蓄積されているビッグデータの有効活用

●対象会社規模
企業規模問わず

●資料冒頭のご紹介



Sisenseはビッグデータを対象に分析業務を行う場合でもハイパフォーマンスを発揮する、次世代型BIソリューションです。実際に実施したパフォーマンステストのレポートを御覧ください。

本テストレポートは、実施したパフォーマンステスト内容をまとめたもので、1Sisenseノードに10億トランザクションレコードとそれとは別の300万レコードを投入しパフォーマンスを調査しています。テストのために32CPUコア、244GBのRAMクラウド・マシンを使用し、100人の同時ユーザーが500GBのデータを操作する様子を再現しました。以下にテストの詳細をレポートします。

〈続きを読みたい方はフォームからお申し込みください〉


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう